« 七五三とミニチュア雑貨 | トップページ | 恒例のバッグ市 »

貧困撲滅のための国際デー

10月17日は、1992年の国連総会で制定された

『貧困撲滅のための国際デー』


WE21ジャパン相模原では、10月17日の売上げ全額を
貧困撲滅に関わるプロジェクトの支援金にしています。
(フェアトレード品・リメイク品の売上は除きます)


この支援先を、昨年に引き続き今年度も
パレスチナのガザ地区にすることになりました。

パレスチナは今、正式な国家としては認められず
(2012年の国連総会でようやくオブザーバー国家に…)
イスラエル国内にある、2ヵ所に分断された地域で
自治区として存在します。

その1つであるガザ地区は、10km×40kmの大きさの地域が
周囲を海と高い壁で囲われていて、
2ヶ所あるイスラエルの検問所で許可が下りないと
人も物資も出入りが自由にできません。
食料も足りていないために、この地域の子供たちの多くが
栄養失調で、貧血やくる病を患っている子供も多くいます。


このガザ地区で、 『子供たちの栄養失調予防事業』
行なっているJVC(日本国際ボランティアセンター)
10月17日の売上を託ことにしました。


店内では、パレスチナの現状やJVCが行っている活動について
お知らせする、掲示やDVDの放映をしています。

また、難民キャンプでお母さんたちが制作した
伝統の刺繍をあしらった製品の販売や、
パレスチナ産のフェアトレード品
オリーブオイルとオリーブ石鹸の販売もしています。
(フェアトレード品は、常時扱っています)

20131

20133

20132


ご来店していただき、
この機会に、パレスチナを知っていただけたら嬉しいです。
また、支援金になる10月17日の売上にご協力ください。
10月は、この支援金に充てる募金も募っています。

« 七五三とミニチュア雑貨 | トップページ | 恒例のバッグ市 »

キャンペーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貧困撲滅のための国際デー:

« 七五三とミニチュア雑貨 | トップページ | 恒例のバッグ市 »