キャンペーン

3月の営業カレンダー

春一番、春二番…が吹いて、実感ないままに冬は通りすぎて
しまったのでしょうか。
3月に雪が降ることもありますが、今年はこのまま春になりそうな
感じですね。

南台店の店内も、すっかり春模様になっています。
軽いスプリングコートや薄手のきれいなニットなどが
たくさん並んでいます。
ぜひ、ご来店になってご覧くださいませ。


今年も 「3.11をわすれないキャンペーン」 を行います。

東日本大震災から6年が経とうとしていますが、いまだに復興の道のりは
遅れていて、厳しい生活を強いられている方が大勢いらっしゃいます。

南台店では、3月1日(水)~10日(金) の売り上げの10%を

『ふくしまオーガニックコットンプロジェクト』に支援します。

また、いわき市のスカイマートから届いた地元の食品を販売します。

併せて、店頭募金も行いますので、ご協力ください。


3月の営業日カレンダーをアップしましたので、ご活用ください。
(クリックすると、大きくなります)

Photo

チョコ募金、始めました。

WE21相模原では、今年もJIM-NETのチョコ募金を扱っています。


チョコ募金は、500円以上の募金でチョコレートをプレゼント!

1

2


チョコの入った缶には、難民の少女4人が

いのちの花 Part3 ~物語のあるチョコレート・ヨーロッパ編~

をテーマに描いた、きれいな花の絵が書かれています。


そして中には、六花亭のハート形のチョコレートが入っています。


募金の支援先は

 ・イラクの小児がんの医療支援
 ・シリア難民・イラク国内避難民支援
 ・福島の子供たちを放射線から守る活動


募金をして受け取ったチョコレートを、クリスマスやバレンタインの
プレゼントに いかがでしょう。

もう一つ思いがこもったプレゼントになるのではないでしょうか。 

3.11をわすれないキャンペーン

東日本大震災から、5年が経とうとしています。


昨年の12月、WE21ジャパン相模原では、当初から交流のある
福島県いわき市で活動するザ・ピープルが行っている

『ふくしまオーガニックコットン・プロジェクト』の援農と

5年目の現状視察に行ってまいりました。

Fukushima1

Fukushima2

まだまだ、厳しい暮らしが続いている現地を見て
忘れてはいけない!を改めて感じた次第です。


今年も、3月11日を迎えるにあたり、WE21ジャパン相模原では、

『3.11をわすれないキャンペーン』を行います。

* 3月1日(火)~11日(金)の間の売り上げの10%を
  『ふくしまオーガニックコットンプロジェクト』に支援します。

* いわき市のスカイマートから届いた地元の食品を販売します。

* 12月に現地で撮ってきた映像を流したり、写真の展示をします。

* 併せて、募金も受け付けています。
   

311_2

311_3


この機会に、ぜひご来店ください。
お買い物してくださることが支援に繋がります。

10月は貧困なくそうキャンペーン月間

昨年・一昨年に引き続き、今年も
パレスチナのガザ地区で行なっている『子供の栄養失調予防事業』
支援をすることになりました。


Dsc_0850



パレスチナ・ガザ地区は、8月末にようやく長期停戦になりましたが、
それまで50日間に渡り、戦闘地としてイスラエルの攻撃を受け、
多くの子供を含む民間人に被害が出たことが報道されてきました。


2



今現在、緊急支援を含め本来のプロジェクトの再開に向けて
活動している、JVC(日本国際ボランティアセンター)に
支援金を託します。


店内では、パレスチナについて、JVCが行っているプロジェクト、
そしてガザ地区の現状などをDVDでお知らせしています。


Dsc_0852_2


10月17日は『貧困撲滅のための国際デー』です。
この日の売上額(フェアトレード品を除く)はそのまま支援金とします。


10月の1ヶ月間は、キャンペーン月間として募金を募ります。


難民キャンプで女性たちが作ったパレスチナの伝統刺繍を施した
刺繍製品の販売をしています。


Dsc_0848


パレスチナ産のフェアトレード品・オリーブオイルとオリーブ石鹸の
販売促進もしています。


Dsc_0855


パレスチナ・ガザ地区の復興を応援する思いを込めて
日本の千羽鶴を贈ることを計画しています。
折鶴作りにもぜひご参加ください。

3.11を忘れないキャンペーン

WE21ジャパン相模原では、今年度も毎月11日の売上げを
東日本大震災の支援の充てると共に、様々な情報を発信して
未だに復興にほど遠い被災地への想いを風化させないでいこう
というキャンペーンをしてきました。


ちょうど3年目の今月は、日ごろ販売しているフェアトレード品を
扱っている団体が企画した『カカオクッキー』の販売します。

パプアの先住民族が育てたカカオを原料にして、
福島の障がいを持つ方たちの福祉施設で作ったクッキーで
売上げの一部は、自然エネルギー普及のために使われます。

1169372_detailimage1

10日(月)から、フェアトレード品コーナーに並びますので
ぜひお求めください。
数に限りがありますので、お早めに!


今年度も、皆さまのご協力のおかげで、たくさんの支援を
行うことができました。
年度末に当たり、震災支援先がすべて出そろいましたので
お知らせいたします。


① ザ・ピープル(いわき市)の『ふくしまオーガニックプロジェクト』

食用でなく、塩害に強く、放射性物質の移行係数が低い、とされる
綿を有機栽培で育てて、収穫されるオーガニックコットンを製品化
することで、地域に活気と仕事を生み出す市民参加型プロジェクト。
栽培地も各所に増えつつあり、小中学校の参加もあり、
2013年6月にはTシャツの販売も始まって、活動を広めています。
http://doyoucotton.jimdo.com/

② IVY(山形市)が運営する『IVY保育園』

福島から山形に避難している家族の生活を応援するため、
2012年9月に山形市にオープンした保育園で、避難している
お母さんたちが保育士をしています。
WE21相模原は、開園準備段階から支援をしてきました。
http://ivyhoikuen.jimdo.com/

③ 母ちゃんず(相模原市)の『こどもたちの未来をまもりたい』

相模原市の津久井にある共同保育の幼児園「つちのこくらぶ」に
子どもを通わせる保護者有志が立ち上げたグループで、
安心して外遊びができない福島の子どもたちとその親を呼び、
「保養キャンプ」を行っています。
今回は、3/30~4/4に行う2014春休みキャンプへの支援をします。
http://karchanz.jimdo.com/


ご協力ありがとうございました。

チョコ募金

先日もご紹介したJIM-NETのチョコ募金ですが、
なくなり次第終了ですのでお早めに!


当初、小児がんや白血病で苦しむイランの子供たちの治療に
使うために始まったのですが、

2011年からは原発事故の放射能から福島の子どもたちを守る活動にも使われ、
2012年からは、収まることのないシリアの内戦で苦しむ妊婦さんの支援にも
使われています。


毎年、テーマを決めたメッセージを発していますが、
今年は『絆ぐるぐる』です。
チョコの缶は、いのちの強さを感じさせる絵を使っています。


Jimnet2013

戦争や原発で家族の絆が分断されないように。
シリア難民の赤ちゃんが無事に生まれてお母さんとしっかり絆で
つながれるように。
イラクでは、小児がんの子どもたちが世界の絆で支えられ治療を
受けられるように。

そんな思いがこもっています。


チョコ募金のついては、JIM-NETこちらのサイトからどうぞ。

今年もよろしくお願いいたします。

年が明けて、すっかり日にちが経ってしまいました。
WEショップ南台店、今年もよろしくお願いいたします。


ただ今、冬物を大放出中。
コート、ジャケット、セーターなど、たくさん並んでいます。
ぜひ、ご来店されてご入り用のものをお探しください。


南台店では、現在、毎年恒例の・・・

JIM-NETのチョコ募金を設置しています。
500円の募金で、チョコレートを差し上げています。
募金は、イラク・福島の子どもたちとシリアの難民を支援するために
使われています。

4種類のパッケージは、イラクの子供たちが描いた画がデザインされ、
中には、六花亭のハート形チョコが入っています。

バレンタインなどのプレゼントに、想いのこもったチョコレートは
いかがですか?


フィリピン北部の山岳地帯の子供たちに、色つきの絵を描かせてあげようと
8色入りのクレヨンをプレゼントする、レインボーキャンペーン
行なっています。
年賀状など、書き損じのハガキのご寄付をお願いしています。
子供たちが描いた、きれいな絵の展示もしていますので
ぜひご覧下さい。


フィリピンの同じ地域で作られている、フェアトレード品の
ジンジャーティーも、この寒い時期にお勧めしています。
自生しているジンジャーに、ブラウンシュガーを混ぜただけの無添加品。
お湯で溶くだけで飲めて、体が温まります。
店内で試飲もしていますので、ぜひお試しください。

貧困撲滅のための国際デー

10月17日は、1992年の国連総会で制定された

『貧困撲滅のための国際デー』


WE21ジャパン相模原では、10月17日の売上げ全額を
貧困撲滅に関わるプロジェクトの支援金にしています。
(フェアトレード品・リメイク品の売上は除きます)


この支援先を、昨年に引き続き今年度も
パレスチナのガザ地区にすることになりました。

パレスチナは今、正式な国家としては認められず
(2012年の国連総会でようやくオブザーバー国家に…)
イスラエル国内にある、2ヵ所に分断された地域で
自治区として存在します。

その1つであるガザ地区は、10km×40kmの大きさの地域が
周囲を海と高い壁で囲われていて、
2ヶ所あるイスラエルの検問所で許可が下りないと
人も物資も出入りが自由にできません。
食料も足りていないために、この地域の子供たちの多くが
栄養失調で、貧血やくる病を患っている子供も多くいます。


このガザ地区で、 『子供たちの栄養失調予防事業』
行なっているJVC(日本国際ボランティアセンター)
10月17日の売上を託ことにしました。


店内では、パレスチナの現状やJVCが行っている活動について
お知らせする、掲示やDVDの放映をしています。

また、難民キャンプでお母さんたちが制作した
伝統の刺繍をあしらった製品の販売や、
パレスチナ産のフェアトレード品
オリーブオイルとオリーブ石鹸の販売もしています。
(フェアトレード品は、常時扱っています)

20131

20133

20132


ご来店していただき、
この機会に、パレスチナを知っていただけたら嬉しいです。
また、支援金になる10月17日の売上にご協力ください。
10月は、この支援金に充てる募金も募っています。

3.11を忘れないキャンペーンデー

東北を継続的に支援していこうと、毎月11日に行っている
キャンペーン! 今月も、3月11日(月)に行います。

この日の売り上げのすべてを震災支援金に充てます。
(フェアトレード品は除きます)


昨年10月にも行った『かーちゃんの力プロジェクト』から
届いたお漬物などの販売!!

『かーちゃんの力プロジェクト』は、福島県あぶくま地区の女性達が
避難先で始めた活動で、ふるさとの味・おふくろの味を伝えていきたいと
お漬物やお菓子などを作っています。


今回は、お漬物5種類と豆菓子・お餅などを販売します。

Kachan1

Kachan2


いわき市で活動するNPO法人ザ・ピープルが取り組む
『オーガニックコットンプロジェクト』を応援しよう!!

2012年3月にいわき市まで伺って交流を始めたザ・ピープルの活動、
『オーガニックコットンプロジェクト』をお手伝いできたらと思っています。

お買い物やご寄附をして下さった方先着30名様に
コットンのタネを差し上げます。
コットンを育てて収穫したら、ショップにお持ち下さい。
まとめてザ・ピープルに送ります。


東日本大震災から2年経ちましたが、未だに自宅に戻れない、
元の生活に戻れない現状・・・


WEショップを通して、『私たちは忘れない』のメッセージを送りましょう!

JIM-NETのチョコ募金

WE21相模原は、今年も
『JIM-NETのチョコ募金』を応援します!


JIM-NETのチョコ募金のサイトへは、こちらから。


期間 : 1月10日(木)~ 2月14日(木)

南台店にイラクと福島の子どもたちを支援する『チョコ募金』を設置します。

500円以上の募金をして下さった方には、カードつきの缶入りチョコをプレゼント!
中には、六花亭のハート形チョコが10個入っています。
(数に限りがあります)


500円の中から、290円はイラクへ(小児がんの子どもたちの医療支援に)
             50円は福島へ(子どもたちを放射能からまもる活動に)


カードとチョコレートの缶には、劣化ウラン弾で白血病や小児がんに苦しむ
イラクの子供たちが描いた絵がプリントされています。

Photo_2


今年のテーマは『あしたのチョコレート』

・ もっと緑を植えてみたり (自然と共生)
・ もっと太陽光を使ってみたり (自然エネルギー)
・ もっと自転車に乗ってエネルギー節約してみたり (私たちにできること)
・ 戦争だけはNO MORE WAR!! (戦後10年、イラク国内では今でも停電が)

「あした」を考えた4種類のパッケージがあります。


愛を届けるバレンタインデーに、もう1つ想いのこもったチョコレートをいかがですか?